ご 容赦 ください。 ご了承?ご容赦? ビジネスで使い分けたい日本語まとめ(意味の違いと具体的な使用例を解説)

ください ご 容赦 ください ご 容赦 ください ご 容赦

👉 いかがだったでしょうか。

17
ください ご 容赦 ください ご 容赦 ください ご 容赦

🤩 さきほど「ご了承」という言葉をお伝えしてきましたよね。

14
ください ご 容赦 ください ご 容赦 ください ご 容赦

☘ 行き違いもご容赦も一般的に使われている言葉 行き違いも、ご容赦も、上記の例やここまでの本文から示すように、決して使うのが難しい言葉ではありません。 まとめると「ご容赦ください」という言葉は、その言葉の発信者がなにかしらの過失をおこない、それをあなたに受け入れて欲しい・許して欲しいと懇願しているということになります。 「お許しください」は、「ご容赦ください」と同じような場面で使用されます。

6
ください ご 容赦 ください ご 容赦 ください ご 容赦

😝 その場合は「ご容赦ください」よりも「ご了承ください」や「ご理解ください」を使った方がよいでしょう。 状況をイメージしながら、正しく使えるようになりましょう。

4
ください ご 容赦 ください ご 容赦 ください ご 容赦

🤲 基本的に、敬語は正しく言葉を重ねるほど、敬意を強くできます。

8
ください ご 容赦 ください ご 容赦 ください ご 容赦

👋 段というのは直前の語を体言として用いている表現です。 反対に「ご容赦ください」というのは、過去や未来など関係なくに「過失を認めて許して欲しい」という意味合いがありましたね。 「何卒ご容赦ください」という言葉は先に自分の非礼を詫びる際などに用いられる このように、「何卒ご容赦」という言葉の使い方を知ることによって、「お忙しい折のご連絡ではございますが、何卒ご容赦くださいませ」など相手や取引先ととても気持ちよくコミュニケーションを行うことができます。

7
ください ご 容赦 ください ご 容赦 ください ご 容赦

😭 さきほどお伝えした「ご了承」というのは、未来の時点…つまりまだ始まっていない中での相手へのお知らせやその理解を求める言葉でした。

19