ま か は ん にゃ はらみ た しん ぎょ う。 経典(開経偈・般若心経・観音経・金剛経・坐禅和讃等) : 臨済・黄檗 禅の公式サイト

にゃ ん はらみ しん た う か ぎょ は ま にゃ ん はらみ しん た う か ぎょ は ま にゃ ん はらみ しん た う か ぎょ は ま

🚒 一切の苦をよく除き、 真実であり虚にあらず。

10
にゃ ん はらみ しん た う か ぎょ は ま にゃ ん はらみ しん た う か ぎょ は ま にゃ ん はらみ しん た う か ぎょ は ま

☺ 「唯識論」は「唯心論」と似ているが、「唯心論」でいう心もまた「空」なるものと観ずる点が「唯心論」とは異なるものであるといわれる。

12
にゃ ん はらみ しん た う か ぎょ は ま にゃ ん はらみ しん た う か ぎょ は ま にゃ ん はらみ しん た う か ぎょ は ま

👇 「舎利子(しゃりし)」とはシャーリプトラのことで、「観自在菩薩(かんじざいぼさつ)」は観音菩薩のことです。 内容は、仏陀とその十大弟子の一人、須菩提の対話形式で般若思想の要点を簡潔に説いたもので、空の思想を基本としています。 繰り返すことで自然と集中力や忍耐力が身につきます。

にゃ ん はらみ しん た う か ぎょ は ま にゃ ん はらみ しん た う か ぎょ は ま にゃ ん はらみ しん た う か ぎょ は ま

🤫 、インドより帰還したもまた『般若心経』を翻訳したとされている。

14
にゃ ん はらみ しん た う か ぎょ は ま にゃ ん はらみ しん た う か ぎょ は ま にゃ ん はらみ しん た う か ぎょ は ま

😝 ここで大問題になるのは「空(くう)とは何か」ということだが、それはもちろん空間とかSkyとかいう意味ではないが、「空しい」とか「有」に対する「無」ということでもない。 ものの世界には実体がなく、実体がないからこそ、ものとして現れることが出来る。 受 じゅ 想 そう 行 ぎょう 色 しき も亦 また 復 また 是 かく の如 ごと し。

5
にゃ ん はらみ しん た う か ぎょ は ま にゃ ん はらみ しん た う か ぎょ は ま にゃ ん はらみ しん た う か ぎょ は ま

😆 般若心経とは、 大乗仏教(だいじょうぶっきょう)の神髄(しんずい・本質のこと)を説いた経典です。 なお、羅什訳・玄奘訳とも、「般若波羅蜜(多)」「」「(菩提薩埵)」及び最後の「(しゅ)」の部分だけは漢訳せず、をそのまましている。

にゃ ん はらみ しん た う か ぎょ は ま にゃ ん はらみ しん た う か ぎょ は ま にゃ ん はらみ しん た う か ぎょ は ま

📱 是 こ れ無 む 上 じょう 呪 しゅ なり。 「一粒の麦、地に落ちて死なずばただ一つにて在らん。

20
にゃ ん はらみ しん た う か ぎょ は ま にゃ ん はらみ しん た う か ぎょ は ま にゃ ん はらみ しん た う か ぎょ は ま

💙 このお経を日常的に唱えれば、大いなる福徳が自然に身に備わることでしょう。 ここでは、筆者が20歳台の頃(まだキリスト教の理解が浅い頃に)、書いた「青臭い感想文」を記してみることにします。

12