口 パク ヒット スタジオ。 ガキ使「口パク企画」好評!大みそか特番にも期待の声

パク ヒット スタジオ 口 パク ヒット スタジオ 口 パク ヒット スタジオ 口

😄 メーク:山田屋、藤崎圭子、山口千鶴、他• 期間 女性メイン 男性メイン 1968. (当時フジテレビアナウンサー) - の前からの中継リポート <出演者> [ ]• 大道具;竹島正夫、比嘉亘、他• また、・も初登場 8月11日、美空ひばり、1970年12月28日以来10年ぶりの出演。 以後、番組終了時まで周年企画・記念回企画・「サヨナラ」企画・中継回など通常編成とは異なる構成が採られた回を除いて、ほぼ毎回、最低1組は同コーナーの時間が設けられた。 布施はひさびさに実父と感動の「ご対面」 11月、エンディングの新コーナーとして「愛のスターテレフォンプレゼント」スタート(〜76年3月まで) 12月1日、初の「4スタライブ」実施(初登場「ひとり暮し」) 12月8日、戦前派の大物・が特別出演(歴代出演歌手中最高齢での出演) 1976年2月16日、が歌手として登場 1976年3月1日、当日のゲスト歌手の一組、のリードボーカル・ラン()の病欠に伴い、当日披露予定となっていた新曲「」の歌唱が見合わせる措置が採られる (昭和51年) 井上順 1976年4月5日 - 1985年9月25日 第387回 - 877回 井上順が司会に参加 このころから、原則として全曲フルコーラスで歌われるようになる。

19
パク ヒット スタジオ 口 パク ヒット スタジオ 口 パク ヒット スタジオ 口

👊 井上の司会起用後程なくして、バラエティ色の強い人気コーナー や公開放送方式も廃止した。

2
パク ヒット スタジオ 口 パク ヒット スタジオ 口 パク ヒット スタジオ 口

☯ 当時の歌謡番組は『』()等に象徴される純然たる歌謡ショー形式の番組が大半であったが、1969年10月にスタートした『』で「ウソ発見器」などのコーナーで歌手の人間性を重視する構成がなされたり、歌手が自然体でMCを行う歌謡番組が多く登場するなど、当初異色の扱いだった『ヒットスタジオ』は、他局の歌謡番組の制作方針にも大きな影響をもたらした。 番組終了後は編成局へ移動。

パク ヒット スタジオ 口 パク ヒット スタジオ 口 パク ヒット スタジオ 口

🚀 初代プロデューサーの伊藤昭、ディレクターの藤森吉之らと共に番組初期の基本フォーマットを作り上げると同時に、番組前期には自ら「出たがり構成作家」を標榜して、コメディリリーフ的な役割で演者の一人としてレギュラー出演。 夜ヒットテレカ(1987年から番組終了まで) [ ] ラッキーテレフォンプレゼントの後継コーナー。

19
パク ヒット スタジオ 口 パク ヒット スタジオ 口 パク ヒット スタジオ 口

👌 衣裳:海州弘二• 1980年代に入り総合監修的な立場で番組に参加するようになり、スタジオに顔を出すことが少なくなった塚田に代わって、番組構成面での陣頭指揮に当たるようになり、1981年以降はエンディング時の作・構成部分にも塚田と並行して、かつスタッフ東京からは独立した形で単独クレジットが載るようになった。

2
パク ヒット スタジオ 口 パク ヒット スタジオ 口 パク ヒット スタジオ 口

✋ 」という正式コーナー名があったものの、番組内で司会者がこのコーナー名を用いることはほとんどなく、1980年代に入る頃には単に 「共演」、古舘が司会に起用されて以降は 「ジョイント」という呼称が用いられる事が多かった。

3